への字型屋根【3Dマイホームデザイナー12】

今回はマイホームデザイナーでのへの字型屋根の作成について。

マイホームの屋根は切妻屋根にするつもりなのですが、土地が東西に長いので屋根の頂点が低く屋根の南側が短くなってしまいます。屋根の頂点が低いと小屋裏スペースがとれず、屋根の南側が短いと太陽光パネルを設置できる面積が小さくなります。片流れ屋根にすればどちらも解決なのですが、北側の隣地への心象がよくないので避けたいのです。そこで、切妻屋根の頂点を北側にずらしてへの字型屋根にすることにしました。

しかし、3Dマイホームデザイナー12では、寄せ棟、切妻、陸屋根、片流れの屋根が自動で作成できますが、変則的な屋根は自動では作成できません。そこで、ここを参考にしてへの字型屋根を作成してみました。

まずは立体化後に形状作成ツールの3D多角形プラグインでへの字型屋根の断面を作成しました。断面を作成後、ツールの厚み設定で屋根の長さを設定して立体化しました。
への字切妻屋根_3D多角形プラグイン
への字切妻屋根_パース図

あとは、屋根材などを設定すれば完成なのですが、一つ問題があります。間取り編集に戻ってからまた立体化すると屋根が自動生成されてしまいます。
への字切妻屋根_自動生成された屋根

そこで、自動生成される屋根を陸屋根に設定して、サイズのパラメータをすべて1mmに設定して、への字型屋根に隠れてしまうようにしました。
への字切妻屋根_完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です