への字型屋根【3Dマイホームデザイナー12】

今回はマイホームデザイナーでのへの字型屋根の作成について。

マイホームの屋根は切妻屋根にするつもりなのですが、土地が東西に長いので屋根の頂点が低く屋根の南側が短くなってしまいます。屋根の頂点が低いと小屋裏スペースがとれず、屋根の南側が短いと太陽光パネルを設置できる面積が小さくなります。片流れ屋根にすればどちらも解決なのですが、北側の隣地への心象がよくないので避けたいのです。そこで、切妻屋根の頂点を北側にずらしてへの字型屋根にすることにしました。

しかし、3Dマイホームデザイナー12では、寄せ棟、切妻、陸屋根、片流れの屋根が自動で作成できますが、変則的な屋根は自動では作成できません。そこで、ここを参考にしてへの字型屋根を作成してみました。

まずは立体化後に形状作成ツールの3D多角形プラグインでへの字型屋根の断面を作成しました。断面を作成後、ツールの厚み設定で屋根の長さを設定して立体化しました。
への字切妻屋根_3D多角形プラグイン
への字切妻屋根_パース図

あとは、屋根材などを設定すれば完成なのですが、一つ問題があります。間取り編集に戻ってからまた立体化すると屋根が自動生成されてしまいます。
への字切妻屋根_自動生成された屋根

そこで、自動生成される屋根を陸屋根に設定して、サイズのパラメータをすべて1mmに設定して、への字型屋根に隠れてしまうようにしました。
への字切妻屋根_完成

打ち合わせ3回の間取り修正【3Dマイホームデザイナー12】

前回は県民共済住宅に送る間取り案について書きましたが、その後打ち合わせをして何箇所か間取りを修正しました。大きな変更はこの2点でした。

  1. 洗面所の入り口
  2. 玄関まわり
間取り修正
間取り修正

まずは、洗面所の入り口が、トイレのある廊下側からリビング側に変わりました。トイレからの動線と、リビングから洗面所の中が見えないようにするために、洗面所の入り口は廊下側にしていました。しかし、ちょうどその入り口のところには構造壁を作らないといけないことが分かりました。間取りを見ると、横方向の壁は多いですが、縦方向の壁が少ないので、他に構造壁を入れられる場所がなかったのです。自分で間取りを作っているときは、そのへんの知識がなかったので盲点でした。

次に、玄関まわりを少し縮めました。最初は玄関とホールを少し広めにとって、ポーチを外に飛び出すようにしていたのですが、それだと駐車しづらくなるので縮めた方が良いとのことでした。

その他の細かい修正も含めて、ここまで3回の打ち合わせでだいたい間取りが決まってきました。あとは、キッチンなどの設備、床材、外壁などの仕様を決めれば契約までいけそうです。

マイホームの間取り作成【3Dマイホームデザイナー12】

県民共済住宅にプランニングリサーチ(県民共済住宅が用意している間取り希望調査アンケートのようなもの)を送るに当たって、間取り案を作成しました。
間取りの要望としては以下の様な感じです。

  • 1Fに広めのLDK
  • リビングの近くに書斎スペース
  • リビングに和室のつづき間
  • うちの場合、生活の中心はリビングで、テレビを見たりすることが多いので、リビングを広めにしたいと思ってます。それから、デスクトップパソコンを使うことも多いので、部屋にこもりっきりにならないように、書斎スペースをリビングの近くにしようと思ってます。

    それで考えた間取りがこんな感じです。
    少し狭いですがリビングの隣に畳コーナーを作って、畳の上でごろ寝できるようにしました。長く過ごすリビングの上は吹抜にして、広さを感じられるようにしました。

    1F間取り
    1F間取り

    2階の子供室は将来間仕切りできるように、戸を2つ付けておきました。それから、寝室の隣はウォークインクローゼットにしました。今住んでる賃貸マンションは収納が少なくて、服の収納場所に困っていたので、ウォークインクローゼットは絶対に付けたいと思ってます。

    2F間取り
    2F間取り

    3階を居住スペースにはしたくないので3階建てにはしませんが、土地がそんなに広くないので収納場所を確保できるように小屋裏収納にしました。また、小屋裏へは梯子ではなく固定階段にしています。今回ハウスメーカー巡りをするまでは、小屋裏へは梯子だけじゃなくて固定階段もできると知りませんでした。しかし、都内では小屋裏への固定階段が法律で禁止されるようになっているらしく、埼玉県もいずれはそうなるかもしれない、とハウスメーカーの方が言っていました。梯子だと荷物をもって上るのはいまいちだと思っていたので、固定階段ならぜひ小屋裏は作っておきたいと思いました。

    小屋裏間取り
    小屋裏間取り

    さて、次回はこの間取りがどんな風に修正されていくか書いていきたいと思います。