easyStore H340のバージョンアップ パーツ交換編

H340の電源故障

うちではH340をファイルサーバー兼TV録画サーバーに使っているのだが、最近AUX電圧が4.2Vまで低下しているという警告が出るようになってしまった。このままじゃファイルサーバーがいつお亡くなりになるかわからない。H340はコンパクトな割りにHDDが4台搭載できるので、できればそのまま使い続けたい。そういうわけで、H340のケースは再利用してマザーボードと電源を交換することにした。

マザーボード(Mini-ITX)

H340のマザーボードの規格はMini-ITXなので、それに合うものを探すことにした。せっかくマザーボードを交換するからにはCPUが速いものに交換したいが、常時稼働のファイルサーバーなので消費電力はなるべく低いものにしたい。それに加えてHDDが4台接続できないといけないので、SATAポートが4個ついているものにしないといけない。これらの条件に合うものを探すと選択肢が少なくなってくるが、ちょうど良さそうなマザーボードが見つかった

ASRockのQ1900-ITXは、Celeron J1900がオンボードで消費電力も小さく、SATAポートも4個ついているので、今回の目的にちょうど良い。

電源(FlexATX)

次に電源だが、H340のケースの電源の規格はFlexATXなので、選択肢はかなり少ないようだ。250W前後だと2つぐらいしか選択肢がなく、SevenTeamの方はかなりファンの音がうるさいらしいので、Enhanceの方を選択した。

パーツ交換

パーツ交換の際には以下のブログを参考にさせてもらった。特に、フロントパネルとマザーボードとの間の配線が分からなかったので非常に助かった。

次回はOSをインストールしていきたいと思います。